学生時代の友達や、会社の同期、同僚…
杏調べでは現在75%が結婚していて、そのうちのまた70%くらいがママになっています。

結婚式と違って、出産後赤ちゃんに会いに行くのは
本当に仲の良い仲間だけなんですけれど、それでももう何人の赤ちゃんにご対面したことでしょうか。

一番早かったのは、会社の同期が25歳で出産して赤ちゃんに会った時かな。
この頃はまだまだ自分も若くて、赤ちゃんという存在がもう未知の世界でした。
触るのも恐る恐る…とても自分が母親になる未来なんて想像もできませんでした。

でもその後、何人もの友達の赤ちゃんとご対面してきて思うのは…

赤ちゃんの幸せエネルギーが凄すぎる!!ということ!

よく、赤ちゃんは周りの人みんなを幸せにしてくれる…とか、3歳までに一生分の親孝行をする…
とか聞きますが、本当にその通り。
だって、赤の他人の私ですら初対面でその幸せパワーをふんだんに授けてもらい
心の奥が暖かくなり、自然と笑顔があふれて、自分の中の母性が芽を出し、優しくなれて…
その状態がしばらく続くんです。
あの澄み切ったくるくるした瞳でニッコリ笑いかけてくれて…もう悶絶ものです(笑)
あの瞬間、私の中の母性が音を立てて湧き出てくるのを感じました(笑)

他人の私がそうなんだから、母親ってどれだけ赤ちゃんから癒しをもらうのだろう…と思うと、
凄すぎて!!いや、もちろん24時間休みない育児で相当消耗すると思います。
体力も精神力も…。それでも、それでもです。それに余りある癒しを赤ちゃんからもらうことは
間違いないと思うんです。

自分も赤ちゃんだった頃、こうやって周りの人に幸せパワーを分けてあげていたのかな、
私を見てみんなが笑顔になってくれていたのかな…
なんて考えたりします。

あ〜本当にいいなぁー赤ちゃんが欲しい〜!(笑)